マルバハタケムシロ

2019-05-29夏(6~8月),多年草,白系,秋(9~11月),キキョウ科,マ行

マルバハタケムシロ
1cmくらいの小さな花
マルバハタケムシロ

名前 マルバハタケムシロ(丸葉畑蓆)
別名
名前の由来
花言葉
分類キキョウ科 多年草
花期
花色白、薄い紫、薄い青
花弁の数
花径
葉の形
原産国日本
特徴琉球列島固有種
海岸の湿った岩場に生育
沖縄島では埋め立てによって消滅
久米島では消滅したと考えられていたが
最近の調査で自生が確認された
(筑波実験植物園の名札から引用)