ニゲラ(クロタネソウ)

2022-06-01赤・ピンク系,春(3~5月),一年草,夏(6~8月),カ行,白系,紫・青系,ナ行,キンポウゲ科

ニゲラ
撮影 2022年5月下旬

庭に植えたニゲラ。
青い花が好きなので、つい買ってしまい・・・
植えたはいいけど育つか心配していましたが、たくさん咲いたので一安心。
ただ、1年草なのですね。忘れてた。
種を取るか、植えっぱなして種がばらまかれるのを待つか・・・うーん🙄

ニゲラ
撮影 2022年5月中旬 蕾
名前 ニゲラ
別名クロタネソウ(黒種草)
英名:Love in s mist(霧の中の恋人)、Devil in a Bush(茂みの中の悪魔)
名前の由来ニゲラ→ラテン語の黒いと言う意味
花言葉とまどい、当惑、ひそかな喜び、夢の中の恋
分類キンポウゲ科 耐寒性秋まき1年草
花期5~6月
花色ピンク、白、紫、青
花弁の数
花径3~4cm
葉の形先端が糸状の細かい羽状複葉
原産国ヨーロッパ南部
メモ糸状の総苞に包まれている

花後風船のような実をつける

種子は黒くて香りがある(和名のクロタネソウの由来)

取り立ての種子はメロンのような香りがあり香料として使用されるが、有害なので食べられない

花には一重咲きと八重咲きがある

袋状の果実はドライフラワーの材料として人気

フランスではニゲラの葉を「ビーナスの髪」と呼ぶ。
ニゲラ
撮影 2022年5月中旬 蕾
ニゲラ
撮影 2022年5月下旬
ニゲラ
撮影 2022年5月下旬
ニゲラ
撮影 2022年5月下旬